ピアノ先生ブログ

ピアノの上達に大切なこと

2016-10-04

2016年10月3日 22:30
ピアノの上達に大切なこと
テーマ:ブログ
こんばんは〜

雨の週明けでした☔️

金木犀の花の絨毯ができました🌼

ピアノの生徒さんのレッスンの姿勢について、近頃いくつか気になっていることがあります

背中がまるい、足が足台にしっかりのっていない
、足が宙に浮いてぶらぶらしている、お尻がたびたび動く

若干名ですが気になります

共通点として、手の形が安定しない、指先がふにゃふにゃしている、しっかりとした音がでにくい

私からのアドバイスは、足裏を足台にしっかりのせてお腹に力を入れてピアノを弾くこと‼️

時間はかかるかもしれませんが毎日少しずつやってみることです。

ピアノを学ぶ方は誰しも上達したいと思うでしょ

そのために大切なことがありますよ❣️

それは

体の軸と柔軟さ。
この2つがピアノを弾くときにとても必要になってくるんです。

しっかりとした軸がある体を作るためには、まず「筋肉」をつけることが大切になってきます。

指や手、腕の筋肉がしっかり発達していないと力強いピアノの音が出なかったり、フワフワと浮いたような音色しか奏でることができません。

また一曲弾き切るまで姿勢をコントロールし、ピアノの前に座り続けるためには、背中や腰の筋力がとても重要になってきます。

筋肉や筋力というのは軸のある体を作り、しっかりとしたピアノの演奏をするために大切な働きをするんですね。

しかし筋肉ばかりついていても、滑らかに流れるような音色や、繊細で優しいタッチでピアノを弾くことは難しいでしょう。

そのため筋肉とともに体の柔軟性を養うことも、ピアノの上達には欠かせません。

柔軟さを欠いたピアノの演奏というのは、ゴツゴツと当たりが硬く緩急や起伏に乏しくなってしまい、どこか一本調子になりがちです。

ひと言でいうと、ピアノの音色を体で操れていない感じになるんですよね。ピアノという機材から音が吐出されているだけなんです。

そんな硬い演奏にならないためには、ストレッチやヨガなどがとても役に立ちます。

おヘソの下辺りにある丹田と呼ばれるツボにしっかり気合を入れて、足は下から根っこが張っているようにしっかりどっしり床や補助台にくっつけましょう。

そうすると腹が座って、体の芯がしっかりしますよ。

もし押しても倒れないようであれば、腹筋や背筋がしっかり働いているということ

スポーツではよく「体作り」が大切だと言われることがありますが、実はピアノも同じなんですね。

自分より大きくて重いピアノを自由に弾きこなし、音色を自分でコントロールするためには、体全体を活かし切って演奏する必要があります。

プロのピアニストの方などスケールが大きく幅の広い演奏をされる方は、やはり体の使い方がとても上手なんですよね。

軸がしっかりあり、それでいて柔軟な体の動きが、素晴らしいピアノの音色を生み出して会場に響き渡るんです。

ピアノの上達ためにも、軸をもった柔軟な体作りを心がけてみてくださいね。

床に足が届かないお子さまには足台、又は足台の代わりになるものを準備してしっかり踏ん張って弾ける環境を整えることが大切です!


多忙な九月でした!

2016-09-30

久しぶりに涼しい朝でした

風がそよそよと爽やかで九月の風

昨日は松ケ丘のいきいきセンターで教養講座、最後の日

3週間前の木曜日が台風のためにお休みになってしまい日を改めて29日になりました

受講生14名は全て女性

センターの担当者曰く、他の曜日よりも言いたい放題の木曜日メンバーだとか。。

確かに発言の多い方々でしたが、受講中は耳を傾けてしっかりお歌いでしたね〜。

九月は高齢者福祉事業のお仕事が蘇我と松ケ丘であり、あすみが丘内の自治会の敬老の日お祝いの催しでのコーラス演奏を含め、無事に終了して心から安堵しています

伺う先々で皆さんの笑顔にとても励まされて幸せの一言

受講生の方々が唱歌等を歌われている様子は懐かしそうに童心にかえっているように思います

音の森アカデミーピアノ教室の生徒さんは、八月の発表会という高いハードルを飛び越えて、更に飛躍している印象や感触があります

成長という伸び代を感じ、私の心の奥から熱い情熱が湧き出してくるのです


秋の香り 金木犀

2016-09-30

おはようございます

庭の金木犀が満開で甘酸っぱい香りが一面に広がって秋を感じています

先日は幼稚園生の生徒さんが『なんだか美味しい匂いがするけどなんだろう』と話していました!

今年も金木犀の季節になったのだとしみじみ。。

このあたりで残り3ヶ月を確認しますが1年は早い

光陰矢の如し

昨日は蘇我で前期、『楽しく歌う』講座8回目、最後の講座の日でした

日本合唱連盟出版の『花のブーケ』から抜粋してユニゾンの曲、二部合唱の曲、一部オブリガードを取り入れた曲と分けました

8回目は最後の15分で発表形式で歌うことに決めていましたので、各声部に分かれて三列に並んで大合唱

昔から歌われている、『花』『夏の思い出』『朧月夜』はとても情緒豊かに歌えるようになり、新しい合唱曲は木下牧子さんの『さびしいかしの木』は皆さんにとても気に入られました❣️

3番までの歌詞にはとても共感するそうです

1回目からどんどん声が変化して8回目はとても良い声で歌えるようになりました✨✨

まだまだ歌いたい方々もいらっしゃいましたが、
千葉市の規定があり後期の講座には応募できないのだそうです

せっかく歌声になってきたのに残念なことです。

サークル立ち上げにもルールがあって、一定の人数を超えないと練習室が借りられない

しかしながら一つだけこの蘇我のコミュニティは利点があって、サークルが立ち上がると練習室は予約しなくても借りられるそうです

皆さん、いろいろなことを経験済みで面倒くさいことはなるだけ無い方が有難いのです

後期の講座終了を待ってサークルを立ち上げたいとお考えです

後期講座は10月26日からスタートします
img_1929


コールケ・セラ・セラ 歌のプレゼント

2016-09-25

久しぶりの青空とお日様🌤

こんなに毎日雨が続きますとお日様の有難さをつくづく感じます

急に気温が上がって蒸し暑いあすみが丘でした

日曜日ですが、コールケ・セラ・セラはあすみが丘プラザの音楽室に集合です

あすみが丘の第三自治会主催、敬老の日のお祝いに歌で花を添えるため💐30分間の出演時間を承りました

演奏曲は

日本の四季をモチーフにした文部省唱歌のメドレー 6曲や、様々なジャンルから3曲、🎵明日という日が。

各曲の演奏が終わるたびに👏拍手を頂いてとっても気持ちが高揚しました!

会場では高齢者50名〜60名の方々が演奏を熱心に聴いてくださいました。

高齢者の方々に歌のプレゼント🎁

皆さんのお喜びになられるお顔が見たくて心から精一杯演奏しました

演奏が終わるととても充実した気持ちで満たされました

この充実感はお金では買えないもの

とても大切なもの✨

私達の歌で少しでも音楽を思い出してくださったり、懐かしくて口ずさんでくださったり幸せな気持ちでいてくださればと願います❣️img_1926


夢は叶う、夢は叶える

2016-09-23

雨の金曜日 ☔️

今日もやっぱり降りました

昨日、秋分の日も午前中ざぁーざぁー降りの中、レッスンに来てくれた生徒さんたちお疲れ様でした🍀

明日の午前中、松ケ丘の高齢者福祉の教養講座で講師のお仕事があるため、

土曜日の9時半から12時までの生徒さんに昨日の午前中に振替レッスンをお願いしました

午後は通常の木曜日レッスンを行いましたが。

今月は5週あるためにお休みでもよかったのですが
12月に3回のレッスンで調整して年末のお休みに充てて頂きたいと思います。

9月も最終週にさしかかりますが、

これからが学校や地域の活動など、いろいろ秋のイベントが予定されていて忙しい時期です

私的には毎年11月最終週末はあすみが丘プラザ祭りでロビーでの演奏発表にコーラスグループが参加しています

毎年の練習曲はこの発表のための選曲です

私の夢の一つに児童合唱の実現があります❣️

数年前から考えていました

夢に近づくためにできること!

今回、ジブリの曲を選び児童合唱とのコラボを考えました

小学低学年から幼稚園生のピアノの生徒さんに声をかけさせて頂き、快く参加して頂ける生徒さんたちがたくさんいらっしゃいました❣️

早速4月から月に2回、土曜日の午後に練習をスタートしました

地声からきれいな声で歌うことを一所懸命学んでくれてしっかり歌声が出るようになって表情もとても良いです

残念なことに夏前から不安な案件が浮上です

あすみが丘プラザ祭りの日にあすみが丘小学校は参観日とあすみっこ祭りと創立20周年を兼ねたイベントがあることがわかりました

あすみが丘小学校の生徒さんたちも何人もいます

不安な案件を抱えながらもいつも通りに練習をしていました。

先日、あすみが丘プラザ祭りの出演順を決めるための抽選があり出演時間は12時に決まりました

その時間、あすみが丘小学校は昼休みということがわかり子供達に出演してもらえる可能性がでてきました

これから知恵を絞り学校と交渉にはいります

女神様に微笑んで頂きたいと願います❣️


Copyright© 2012-2019 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com