ピアノを弾く 姿勢と脱力 千葉市緑区ピアノ教室 のぶこせんせのコラム

2014-01-18

今朝は雪がちらついて屋根が白くなりました。そのうちに雪はやんであっという間にとけましたが。また、明日の宵頃に降りそうです。

今夜も冷えてきました。どうぞ温かくしておやすみください。

ピアノを習い始めはとても緊張していて、肘が突っ張っていたり肩が上がっていたり背中が丸くなっていたりといろいろな姿勢でピアノの前に座っています。

緊張をほぐすために腕をあげてストンとおろしたりぶらぶら体操をしたりします。

慣れない場所で慣れていない先生が近距離にいて緊張するのは致し方ないことです。

それでも、小さいお子さんがひとりでレッスンを受けようと頑張って来ます。私は生徒さんと楽しい時間を過ごせるよう工夫とと努力を惜しみません!

 

今日はピアノ初心者導入編ということで、ピアノを弾くにあたり大切なことをお伝えします!!

 

「ピアノを弾くとき」    椅子の高さと座る位置 

とても大事です!お家でも気をつけてください。

椅子の高さは鍵盤に向かって腕をのばしたときに真っすぐの位置が◎ 

腰かける位置は真ん中の♪ドにおへそです!それから前にくっつきすぎず離れすぎず腕をのばしたときに肘が軽く曲がるくらいの場所に座りましょう。もちろん姿勢よく!

ピアノに限らずスポーツやダンスでもフォームは大切な要素ですね。

無駄な力を抜いて柔らかく身体をつかってピアノを弾きましょう。

手のかたち・指のかたち・腕のつかいかたにはいろいろなつかいかたがあります。

曲によってまた作曲された時代によって音色の出し方にちがいがあります。

詳しくは音の森アカデミーでぜひレッスン受けてみましょう♫ きっと新しい発見があります!

これまで思うように弾けなかった曲が弾けるようになったら・・・・・。お待ちしています。

 あすみが丘ピアノ教室 音の森アカデミー

 

 

 

 


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com