五月五日の徒然     のぶこせんせのコラム

2015-05-06

鯉のぼり (作曲   弘田龍太郎)


  1. 甍(いらか)の波と雲の波、
    重なる波の中空(なかぞら)を、
    橘(たちばな)かおる朝風に、
    高く泳ぐや、鯉のぼり。
  2. 開ける広き其の口に、
    舟をも呑(の)まん様見えて、
    ゆたかに振(ふる)う尾鰭(おひれ)には、
    物に動ぜぬ姿あり。
  3. 百瀬(ももせ)の滝を登りなば、
    忽(たちま)ち竜になりぬべき、
    わが身に似よや男子(おのこご)と、
    空に躍るや鯉のぼり。


五月五日   子供の日

五月晴れの空に鯉のぼりが意気揚々とおよぐ様を見ると鯉のぼりの歌が浮かんできます。

男子には強く逞しく育ってほしいとの願いが込められていますね。


さぁ、今日も電車に乗って柏にお出かけ。

黒川先生主体の合唱フェスティバル2015に参加します

開演18時45分 ですがリハーサルがあるので13時5分の電車に乗りました。


電車で移動中は練習時間。楽譜を見て何度も発音します。

アイルランド民謡を歌いますが、私の大好きなエンヤの音楽にもアイルランド民謡の遺伝子がしっかり組み込まれています✨


会場の響きにも助けられ大きく外れることなくa cappella演奏を終えました。


聴く人をぐいぐい引き込む演奏をする合唱グループがあり、これぞ合唱の醍醐味‼️


いいなぁ~✨


いろいろな演奏が聴けて今日も学ばせて頂きました。


どんな人でもできるコーラス✨

楽器は必要なく生身の身体だけ!


たくさんの人と音を唱える喜びがあります


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com