譜読みが得意になるために 音の森アカデミーピアノ教室 のぶこせんせのコラム

2014-11-21

千葉市緑区あすみが丘

楽しく学ぶピアノ教室

のぶこせんせのコラムへようこそ✨

昨日は午後からかなり降りました☔️

空気が乾燥していたので

恵みの雨でした

今朝は植物が生き生きとしています

今日は快晴で少し暖かい☀️

さっ、今日も元気に参りましょう

音の森アカデミーレッスン室より

ピアノレッスンのなかで、
課題が順調に進んでいく人と、
課題が全部終わらない人

一週間に出される課題は
ほとんど同じ曲数

どうしてかなぁ⁇

のぶこせんせが思うには…、

譜読みの速さに違いがありますね。

教本で学んだ音を

しっかり覚えて譜読みに入ります

ここまでは皆んな同じ

それから

ついつい音符にドレミと

書いちゃう人

音符を読むのが

遅くなり苦手意識がうまれます

ここで頭の中のお話し

楽譜を見て鍵盤を弾くまでに

脳の中で行われることは。

まずは、ドレミを書く人の場合

楽譜を見る(視覚)〉ドレミと読みその声を自分の中で聞く(聴覚)〉弾く(体感覚)

では、ドレミを書かない人

楽譜を見る(視覚)〉弾く(体感覚)

要するに、

譜読みから弾くまでのプロセスに
違いがありました

ではどうしたら良いのか?

まずはドレミを書かないことですが

その前に

五感を同時に使うこと

楽譜を見ることと弾くことと
自分の出している音を聴くこと

つまり

五感すべてを同時に行う
トレーニングをつむこと

五感をフルに使って練習

この方法が

ピアノを弾けるようになる近道

楽しく楽しめること

音の森アカデミー

体験レッスンのお申し込み

080-3415-0410 または
ホームページから

受付中


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com