貴重な手帖 音の森アカデミーピアノ教室

2015-01-06

予報のとおり
午後から吹き荒れ雨は嵐の様でした

小学校・中学校は今日から登校

日常が戻りました

お母さん業をしている身では
やれやれ、ホッーとしています

さて、
毎年YAMAHAから手帖を頂くのですが。

私にはこの手帖が
とても使い易く重宝しています✨

仕事用として使用

レッスンの予定・変更
レッスン内容・状況等

左頁はスケージュール・30分刻み
右頁は余白

余白があるため、
いろいろなことをメモできるのです

生徒さんのレッスン状況を書いたり、
アドバイスした内容を書いたりetc.

今年の表紙はBlack

それから、
先日YAMAHA銀座店で気になって買った本

『調性で読み解くクラシック』

YAMAHA銀座店楽譜売り場で売上No.1

西洋音楽の調性システムの確立と
このシステムから生まれた12の調、
それぞれの長短音階からなる24の
調性音楽についてわかりやすく
解説されている

例えば

ベートーヴェン 交響曲第5番 運命

ハ短調で書かれているのはなぜか?

もっとも輝かしい調である〝ハ長調〟と光と影の対比を作るため極めてキャラクターの立った調のひとつ。

解決すると〝ハ長調〟になるため、ベートーヴェンは〝苦難から歓喜へ〟の楽想が明快に発揮される調として愛用した。
『運命』はこの調なしにはあり得ない。
また、オーケストラではトランペットとティンパニのド・ソが鳴らしやすいため短調ながら荘厳な楽想向き

調性にはいろいろな理由があります!

それがわかるとなかなか面白いと思うのです

✨ぜひお薦めの一冊✨

オレンジ音の森アカデミーピアノ教室オレンジ
主宰 大西暢子

体験レッスンのお申し込みは
ホームページ又は080-3415-0410

IMG_1020.JPG


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com