9月, 2015年

柿を食べると医者いらず⁈ のぶこせんせのコラム

2015-09-14

おはようございます!

今朝は爽やかな秋の風が心地よく感じられます

実りの秋は何をするにも絶好の季節

スポーツ・読書・食欲・旅 etc.

今朝のコラムは

柿の効用について

昔のことわざに「柿が赤くなれば医者は青くなる」というものがあります。

これは“柿が赤くなる秋になると、栄養豊富な食べ物が多く収穫できるため、病人が少なくなる”という意味のことわざなので、柿だけを指しているわけではありませんが、もちろん柿も健康に良い果物のひとつ。

では、具体的にどのような効能があるのでしょうか。

■1:風邪予防

柿にはビタミンAやCが豊富に含まれています。ビタミンAやCには、喉や鼻の粘膜を丈夫にして、風邪などのウイルスに対する抵抗力を高める働きがあるため、柿を食べることは風邪予防になります。もちろん、風邪以外にもインフルエンザなどの感染症の予防にもなります。

■2:二日酔い改善

柿にはタンニンとカリウムが含まれています。タンニンにはアルコールを分解する作用が、カリウムには利尿作用があるため、相乗効果で二日酔い改善が期待できます。また、前述のビタミンCには肝臓の働きを活発にする作用があり、これもアルコール分解を助けてくれます。

■3:がん予防

柿にはカロテノイドという色素成分の一種である、β‐カロテンやβ‐クリプトキサンチンなどが含まれています。これらのカロテノイドには、口腔がん、咽頭がん、喉頭がん、肺がんなどの予防効果が期待できると言われています。

このように様々な効果が期待できる柿ですが、たくさん食べるとかえって害になることもあります。

例えば、柿には体を冷やす効果や鉄分の吸収を妨げる効果などがあるので、冷え性の人や貧血の人には気をつけた方がいいかもしれません。

もし冷え性や貧血に当てはまる人は、あまり食べ過ぎないよう気をつけましょう。

なんでもほどほどが良いということでしょう

腹八分目 ⭐️⭐️⭐️

これからの季節、柿が色づく頃は食の楽しみがいろいろありますね!

フランス料理用語でジビエという言葉をご存知でしょうか。

次回はジビエについて書きたいと思います!


日本の教育制度への疑問点 のぶこせんせのコラム

2015-09-12

こんばんは!

久しぶり、お日さまに再会しました

朝焼けの美しさにうっとりとしてしばし放心状態

お日さまに感謝して過ごした一日です

本日のコラム

日本の教育制度への疑問点 ❓ ❓ ❓

おおたとしまさ氏 の著書
「中学受験 進路で迷ったら中高一貫校を選びなさい」

教育ジャーナリストが中高一貫教育の真価を本音で紹介しています

私も二人の子供を教育しながら、様々なことにぶつかりながら日々考えさせられる日本の教育制度

大変共感させられる内容です。

男女共学にしろ、男子・女子校にしろ、中高一貫校で本当に得られるものとは?
例年にも増して暑かった今年の夏休み。来春、あるいは再来春の中学受験を目指して塾の夏期講習でみっちり勉強した小学生も少なくないだろう。

「中高一貫校では先取り学習ができるから大学受験に有利だ」

これは通説ではあるが、100%正しくもない。中高一貫校が大学進学でよい実績を残している場合が多い理由は、先取り学習だけではないのだ。

中高一貫校の最大の魅力は、高校受験をしなくていいことにある。

といっても、全国の中学3年生が受験勉強をしているときに、中高一貫校では、のんびりできる精神的な優越感があるという意味ではない。高校受験がないので、少なくとも中学生のうちは、テストで点数を稼ぐことよりも、もっと本質的な勉強に時間をかけることができるという意味である。

中高一貫校のメリットは先取り学習ではない
たとえば理科では、実験やレポートに時間をかけられる。社会では、フィールドワークやディスカッションやプレゼンテーションに時間をかけることができる。

数学でも、たとえば「ピタゴラスの定理」の証明方法を、クラスのみんなで何通り発見できるかなどということに時間をかけることができる。もちろん英語でも、覚えた英単語の数を競うのではなく、より実践的な英語を繰り返し練習できる。

『 中学受験 進路で迷ったら中高一貫校を選びなさい』(おおたとしまさ著、ダイヤモンド社)。さまざまな教育現場を丹念に取材し、中学受験書籍のベストセラーを連発してきた教育ジャーナリストが、中高一貫教育の真価を本音で紹介。上の画像をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。
灘中学で行われていた『銀の匙』の授業を知っている人も多いだろう。橋本武教諭による名物授業。たった1冊の小説を、中学の3年間をかけてじっくり読む。「超スロー・リーディーング」などといってメディアでも話題になった。

たとえば物語の途中、凧揚げについての描写があれば、実際に凧を手作りするところから追体験する。難産という言葉が出てきたときには、自分の生まれたときのことを両親に聞いて作文させる。これぞ「真のゆとり教育」ではないだろうか。

中学生のうちに目先の1点2点を気にしなくていい分、「真のゆとり教育」を行うことができて、しっかりと学力の土台を作ることができる。家を建てることに例えるなら、基礎工事にじっくりと時間をかけるようなもの。

また、中学生のうちにどんなふうに教えれば、高校になってから伸びやすいのかを、中高一貫校の教師は体感的に熟知している。高校受験での成果を気にしなくていいので、自信を持って「急がば回れ」的な指導を実践できる。

だから、中高一貫校では、本格的に受験勉強が始まったときに、高い学力を達成しやすいのだ。

多感な時期を高校受験につぶされない
中学3年の夏休みに海外語学研修にでかける中高一貫校も少なくない。習いたての英語を実際に試してみる機会にもなるし、何より自分の将来を考えるうえで、海外にも目を向ける機会になる。

そのほか、山登り体験、海浜学校、ボランティア体験など、普段の生活では味わえない経験を積むような機会を、ほとんどの中高一貫校がこの時期に用意している。

思春期という多感な時期は、将来の人生観、生き方を左右するという意味で非常に重要な時期だ。たくさんの人と出会い、たくさんのものを見て、感じて、たくさんの経験を積み、たくさんの感動や葛藤を味わう中で、自分の価値観や自分らしさに気づいていく。

勉強に身が入らなくなることもある。大人が提示する価値観に疑問を感じ、思い切り反抗してみることもある。一見面倒くさいそれらの経験がすべて、後の肥やしになる。

そんな時期に紙と鉛筆だけで世の中を学ぶことは、思春期の少年少女の精神的な発達上、本来好ましくないことは誰でも直感的に理解できるのではないだろうか。思春期こそ、特に反抗期の頃こそ、子供たちは旅に出て、冒険して、たくさんの感動を得て、たくさんの失敗を経験しなければならない。そうやって人生の基礎を、しっかりと、広く、作っておかなければいけない。

そんなときに、机にかじりついているだけではもったいない。そういう意味で、多感な時期を高校受験につぶされないというのは、中高一貫校に通うメリットの中でも特に大きなものである。

高校受験があることが、日本の教育の最大の欠点
逆にいえば、日本の学校制度の最大の欠点はそこにある。人生の中でももっとも多感な時期を、受験勉強に奪われてしまう。

たくさんの感動と葛藤を味わい、自分らしさを築いていくべきときに、旅に出られない。内申書が気になるから、思い切り大人に反抗してみることもできない。

15歳の春に同学年のほとんどの子供たちが一斉に受験をして進路を決めなければいけない、現在の日本の学校制度は、子供の精神的自立に欠かせない反抗期を、漂白してしまう作用がある。

それであとから、今の若者たちには「夢がない」だとか「精神的に自立できていない」だとか「自分らしさがない」などと勝手なことを言うのが今の世の中。ほとんど卑怯ではないか。

親の立場からしてみても、日本の学校制度は大変だ。反抗期には、ただでさえ子供は親のいうことを聞かなくなる。本当ならいろいろな話をして、アドバイスを授けたいところ。しかし親がよかれと思ってしたアドバイスに、子どもが過度に反発するということもある。そんなややこしいタイミングで、将来を大きく左右するかもしれない高校受験に、親子で取り組まなければならないのだ。

親子関係のもつれのせいで、勉強に力を発揮できない受験生も多くいるだろう。15歳の春に高校受験という大イベントがあることは、子供にとっても親にとっても間の悪いことなのである。

ただし、私立中高一貫校に通うにはおカネがかかるという現実もある。通学可能圏内に中高一貫校が存在しない地域も多い。中高一貫校という選択が、誰にとっても身近な選択肢になれば望ましい。もし選択可能な恵まれた状況にあるのなら、中高一貫教育を選択することに損はないと言いたい。

いかがでしょうか。

もしチャンスがあるならば。

中高一貫教育をおすすめしたいです。


日本語の脳 音の森アカデミーピアノ教室のぶこせんせのコラム

2015-09-09

おはようございます!

台風通過待ちの日となりました

早朝、大雨警報発令にともなって学校は休校。

自宅待機です

来週は期末テストなのでしっかり課題に取り組んで欲しいなぁ。。。親の願い⭐️

今朝はとても興味深い記事を見つけたのでコラムにします

脳について

灼熱の太陽が照り付けた夏も終わり、澄んだ空気が心地よい季節を運んできました。スポーツ、芸術、味覚と、秋の楽しみはいろいろありますが、夜長の楽しみのひとつは虫の声。

ところで、この虫の声を心地よいと感じる私たち日本人は、世界のなかでは特異な存在だということをご存じでしたか?

あれ松虫が…

秋になると、虫かごに入れた鈴虫の鳴き声をBGMとして聞かせる日本料理店もあるように、私たち日本人は遠く万葉の時代から虫の音に耳を傾け、季節を感じてきました。「虫の音(ね)」「虫の声」と表現するように、日本人にとって、それは心地よいサウンド。

ネット上に、コオロギや鈴虫などの鳴き声を納めたサイトがたくさんあるのも、虫の音を楽しむ人が多いことのあらわれでしょう。

ところが、西欧の人たちには、この虫の音が「ノイズ」と認識されているとか。同じ虫の音を聞いて、なぜこんな違いが起こるのでしょう?

それを解明したのは、東京医科歯科大学名誉教授、角田忠信博士の「日本人の脳の研究」でした。

外国の人には聞こえない?

そもそものきっかけは、角田博士が1987年にキューバのハバナで開かれた国際学会に参加した時のこと。

歓迎会の会場をおおう「蝉しぐれ」のような虫の音に驚いた博士が、周囲の人に何という虫かと尋ねたところ、だれも何も聞こえないと言うのだそうです。パーティが終わった深夜、静かな夜道には、先刻よりもさらに激しく虫の音が聞こえていました。若い二人のキューバ人と帰途についた博士が何度も虫の鳴く草むらを指し示しても、二人には何も聞こえないようで、不思議そうに顔を見合わせるばかり。

博士はその後、毎日この二人と行動を共にしましたが、一人は3日目にようやく虫の音に気づいたものの、もう一人は1週間たってもついにわからないままだったといいます。もしかしたら、日本人の耳と外国人の耳には違いがあるのかもしれない…博士の研究は、そんなところから始まりました。

左脳で虫の音を聞く日本人

人間の脳は右脳と左脳とに分かれていて、それぞれに得意分野があります。

言葉や計算などの知的作業を分担するのは、言語脳といわれる左脳。これに対して音楽脳といわれる右脳は、非言語音を感覚的にとらえるのにすぐれているといわれます。

この脳の働きを日本人と西欧人で比較してみると、西欧人は虫の音を右脳(音楽脳)で処理するのに対し、日本人は左脳(言語脳)で受けとめる、つまり虫の「声」として聞いていることが角田博士の研究で明らかになりました。

一体どうしたら、そんなことがわかるのでしょう?

人間の耳から脳への神経系の構造は、左耳から入った情報は右脳へ、右耳から入った情報は左脳へ行く、という交叉状態になっています。

そこで、左右の耳に同時に違った音を流した後でどちらの音を聞きとれたかを調べることで、どちらの脳が認識しているかを判定。いろいろな音でこうした実験を積み重ねていくと、音楽や機械音、雑音は右脳で、言語音は左脳で受け止めていることがわかったのです。

ここまでは、日本人も西洋人も共通なのですが、違いが出るのは虫や動物の鳴き声。こうした音を、西洋人は楽器や雑音と同じように右脳で聞いているのですが、日本人は言語と同じく左脳で聞いていることがわかりました。

日本語の脳

こうしたことの背景には、その言語における「母音」が大きく関わっているといわれます。

母音より子音の方が重要な役割をもつことの多い西洋人は、母音を音楽脳で処理するのに対して、母音で言葉を形成する部分が大きい日本語を話す日本人は、母音を言語脳で処理するのだとか。

そして、虫や動物の声は母音に非常に似ていることから、日本人はこれらの音を言語脳で聞くと推察されています。それだけでなく、波・風・雨の音・小川のせせらぎといった自然音や邦楽器の音なども、日本人は左脳で聞いているのだそうです。

さらに興味深いのは、日本人でも外国語を母語として育てられると西洋型になり、外国人でも日本語を母語として育つと日本型になってしまうこと。

西洋型か日本型かは、人種の違いではなく、幼児期にどんな言語を母語として覚えたかの違いである可能性が高く、「日本人の脳というより”日本語の脳”と言うべきだろう」と角田博士は語っています。

博士の今までの調査では、日本語と同じパターンは世界でもポリネシア語でしか見つかっていないということです。

虫の音をはじめ、生きとし生けるものの「声」に耳を傾ける。自然に対する日本人のそんな感受性は、左脳で聞くという日本語の脳とも関係していたのかもしれませんね。

その一方で、さまざまな音にあふれる現代の暮らしでは、虫の声に耳を傾ける時間が減ってきているような気もします。

せっかく虫の「声」を聞く能力が備わっていても、心のゆとりがなければ、聞こえるものも聞こえてこないでしょう。
夏の暑さで疲れた体と心をリセットするためにも、ちょっと立ち止まって虫の声に耳を傾けてみませんか。そういえば、「虫時雨(むししぐれ)」という美しい季語もあるようです。


怠け虫と戦おう 音の森アカデミーピアノ教室

2015-09-07

こんばんは!

夜中の雷・豪雨・竜巻で睡眠不足の月曜日だったのでは。

それにしても今日も朝や夕方、よく降りました。

夕方の土砂降りの時間にレッスンの生徒さんは大変でしたー!

自転車でレッスンに来た男の子は雨の中を帰っていきました。
帰って直ぐにシャワーしますと言っていましたが

風邪をひかないように!

本日のコラムは

怠け虫と戦おう です!

ピアノを習い始めて2ヶ月が経つ生徒さんは少しずつレッスンにも慣れて両手で弾けるようになってきました。

とっても人懐っこい生徒さんです!

生徒さんはまだのぶこせんせのアドバイスを100%守って練習するところまでは到達できていません。

楽譜に書いてあることをよく見て指を動かして練習してほしいのですが、面倒くさいらしくて正しいことができていないのです

楽譜を見ようか~、と言うと。

だってー、わかっているもん。

いえいえ、違うことをしているんですけど。

今日は怠け虫についてのお話しをしました。

怠け虫が心の中に潜んでいるから早く追い出そうか。

怠け虫を追い出してきてね!

約束をしました。

生徒さんへのアドバイスは正しい練習をすること

正しい練習をするには根気も必要ですが、少しずつ鍛えていきます。

これでいいやっと安易に思う怠け虫

即退治


野球応援 のぶこせんせのコラム

2015-09-06

こんばんは!

薄日の差す曇り空の日曜日

早朝に息子を車に乗せあすみが丘を出発

向かう先は千葉県・柏

野球の試合と試合の応援&お手伝い

お手伝いとは。

試合後に監督へのコーヒーサービス ☕️

お昼ご飯の準備

いつもはお弁当をお店で買って監督方にお出しするのですが、監督からのお願いでレトルトカレーでよいのでご飯を炊いて出して欲しいと。

集合した主婦歴ベテランママさんで手分けして準備をしてご飯を炊き保温ポットでレトルトカレーを温め監督方にお出ししました。

ご満足いただけたようでした。

たぶん、この記事を読まれた方はそれぞれご感想をお持ちになるだろうと思うのです。

巷で耳にすることは。。

少年野球や野球の部活は親がかりでお茶係などあって協力できる家庭でないと続かない

確かに事実ですね~。

なので、最近は野球少年が少ない傾向だとか。

1チーム最低9人は必要なスポーツ⚾️

野球部のある学校で9人以上メンバーがいる学校が減少しているので少ない学校で合同チームをつくったりしているのが現状です。

日本の野球界の将来が明るい未来を迎えるために考えないといけないことは

いつまでもこのシステムでよいのだろうか。


« Older Entries
Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com