ピアノを弾く時の正しい肘・指のフォーム

2020-06-13
ピアノを弾く時の正しい肘・指のフォーム
  🍓千葉市緑区土気あすみが丘🎹大西のぶこピアノ教室音の森アカデミー🍓



💖心を育てるピアノレッスン

💖楽しく学べるレッスン・楽しく弾けるようになるレッスン

💖ひとりひとりに合ったレッスンカリキュラム

↓  ↓  ↓
⬅️ここをクリックします ぜひ公式LINE@にご登録くださいね!!

体験レッスン無料クーポンプレゼント中🎁ただいまキャンペーン中です!!

1対1でのフリートーク  ご質問等承ります。



大西のぶこピアノ教室音の森アカデミーHP
https://otoacademy.com
大西のぶこピアノ教室お問い合わせ
https://otoacademy.com/form

大西のぶこピアノ教室アメブロ
https://ameblo.jp/otonomori-academy

大西のぶこFacebook URL
 https://www.facebook.com/nobuko.ohnishi.1

 大西のぶこピアノ教室YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCqAGLDvQmDH ;
 

【ピアノを弾く時の正しい肘・指のフォームのポイント☝️

肘が広がりすぎていると肩と腕の外側に力が入ってしまい、ピアノを弾く際にスムーズな動きが取り難くなります。

横の図

f:id:shimamura-music:20091222133559j:image

 

後姿の図

f:id:shimamura-music:20091222133558j:image

 

逆に肘が閉まり過ぎていてもスムーズな動きの邪魔になります。
胴体との間隔が無いと、演奏する際にイスの上をどっこいしょと移動しなければ、広い音域を弾くことができなくなってしまいます。

横の図

f:id:shimamura-music:20091222133556j:image

 

後姿の図

f:id:shimamura-music:20091222133557j:image

 

🌀ピアノを弾く際の理想的な肘のフォームは、肘と胴体との間にこぶしが一つ入るくらいが理想的。力が入りすぎず、窮屈になりすぎずが良いと思います。

横の図

f:id:shimamura-music:20091222133600j:image

 

後姿の図

f:id:shimamura-music:20091222133601j:image

 

✋指のフォームについてです♪

あなたはピアノを弾く時に、自分の指の形をみていますか?


楽に、綺麗な音色を奏でるには、指の形もとても大切なんです!!       ぜひ自分の手のフォームを気にしてみましょう!

さてこのフォームはどうでしょう??指が伸びきってしまっていますね。

指が伸びきっていると、強弱(音量)がつけにくく、無駄な力が入ってしまい、素早い動きが取り難くなってしまいます。
f:id:shimamura-music:20091222133605j:image

 

よくピアノを弾く手の形はタマゴをもった形といいますが、この様に指の先まで丸まっていませんか??
f:id:shimamura-music:20091222133607j:image
ここまで丸まってしまうと、指が内側に滑りやすく弾き難くなってしまいます。

 

ピアノ弾く際に理想的な丸み、形はこんな感じです!!
f:id:shimamura-music:20091222133608j:image
f:id:shimamura-music:20091222133610j:image
f:id:shimamura-music:20091222133609j:image

 

さて、正しい形が作れるようになったら次は、弾いてるときの形をちょっと気にして見ましょう♪
手に力が入ったまま弾いていくと、この様な弾き方になってしまっていませんか???
f:id:shimamura-music:20091222133606j:image
親指が伸び、手首に無理な力が入ってしまうと、疲れや痛みの原因になります。

 

この形はどうでしょう?
f:id:shimamura-music:20091222133603j:image
f:id:shimamura-music:20091222133604j:image
指先はしっかりと支えているのに、手の甲が鍵盤についてしまっています。これだと指を上げる動作がしにくくなってしまいます。

 

逆に指の第一関節がしっかりしていないとこの様な状態になってしまいます。
f:id:shimamura-music:20091222133602j:image
この第一関節が曲がった状態で弾いていくと、強弱がうまく表現できず、綺麗な音を鳴らすことができません。

 

ピアノを習いはじめの頃はとても苦戦するかもしれない指の形や肘のフォーム。理想の形になるまでには少し時間が必要です。
ぜひ素敵なピアノ演奏のために、気にしながらレッスンしてみてください!!!
きっと素敵な、自分色の演奏ができるようになるはずです!!


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2020 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com