上達への近道 フレーズは言葉 音楽表現

2016-10-07

こんばんは〜

千葉市 あすみが丘から発信しています

10月だというのに、いつまでも蒸し暑いですね

生徒さんたち、おでこや顔まわりが汗でぐっしょり

レッスン室に到着後、水筒のお茶をゴクゴク飲んでいます

このところ、テクニックや練習曲をスラーで弾けるようになってきた生徒さんが続々

手の形や指先の傾きが整ってきました

そろそろバッハの小品集を弾き始める時期です

長いスラーのフレーズをいかに美しく演奏するかということがテーマとなります

ところで、フレーズとはなんなのか??

フレーズとは音楽の一区切りのこと

音楽は音符の集まりですが、一つのフレーズとして音符がつながっていて、そのいくつかのフレーズが集まって一つの曲が出来ているのです。

それではフレーズの違いについて具体的に説明します

例えば、

1.ちょうちょの曲のフレーズは?

「ソミミーファレレードレミファソソソ」

皆さんご存知の曲「ちょうちょ」です。

あえてピアノで弾かずリコーダーや口笛で吹いてみると理解しやすいと思いますが、あなたならどこで息継ぎしますか?

「ソミミーファ、レレード、レミファ、ソソソ」

「ソミミー、ファレレー、ドレミファソソソ」

「ソ、ミミーファ、レレー、ドレミ、ファソソソ」

正解は②です!

要はどこで息継ぎをするかです。

気持ち悪くないですか?①や③だと。

これだと「ちょうちょ」ではなく全く違う曲にきこえますね〜

では、フレーズをさがすには。。

実はフレーズというのは楽譜に書かれているスラーと密接な関係があります。

先ほど、リコーダーや口笛で吹いてみるとわかりやすいと書きましたがフルートやトランペットなどの管楽器は常に息継ぎを考えながら演奏する楽器です。

だから管楽器の場合、息継ぎのことも考えながら、なおかつ、スラーの途中で息継ぎしないというのが大事になってくるのです。

ピアノという楽器はどうなのでしょうか。

ピアノは息継ぎ自体しなくても演奏できます。

ですが、ただ音符を並べて弾くだけでは棒読みの役者さんみたいでつまらない音楽になってしまいませんか?

息継ぎをしないでピアノを弾くのって私の中のイメージは、ずっと片足だけでけんけんをしているように思えてならないのです。

きちんと両足をつかって交互に歩かなければ疲れると思います。

フレーズを見つけるにはスラーがどこまでついているかを参考にして見つけてみてください。

上達の近道はピアノの練習でフレーズを大切にして演奏すること✨✨

音楽の区切りを大事にすることで、演奏が格段に変わります。

小さなことですが是非フレーズを守り、素敵な演奏を心がけてみてください。

フレーズを気にすることができるようになればピアノ練習も楽しくなり、演奏もランクアップしますよ。✨✨✨✨


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com