文部省唱歌は懐かしい

2016-09-16

文部省唱歌と聞いてピンとくる年代は40代くらいまででしょうか。。

最近、小学校の音楽の教科書の内容は一昔前とはかなり違ってきています

それから、卒業式に仰げば尊しを歌っていたのはずっと以前のこと

近頃のママさん、子守歌はどんな歌を歌って赤ちゃんを寝かせるのかしら。

AKB48やEXILEだったりして。。

午前中は松ケ丘のいきいきプラザで教養講座の講師のお仕事でした

私の講座の受講生の皆さんはほとんど立って動く歌う時間

説明する時や休憩時間は座って頂きますが。

動いて頂くために楽譜なし、楽器なしのアカペラで歌います

楽譜は無くとも、音楽は受講生の頭と心の中に入っていますから。

それらを取り出して活用することが私の仕事

受講生は70代前後がほとんど

文部省唱歌でお育ちですからしっかり音楽が入っています。

野口雨情の歌や里の秋や紅葉🍁

懐かしそうに嬉しそうに歌われていました❣️

久しぶりに歌われた方も多く、子供の頃にかえったようでお母さんを思い出したそうです。

受講生の皆さんの笑顔が一番のプレゼント💐


コメントを書く



コメント内容


Copyright© 2012-2018 音の森アカデミー All Rights Reserved.Website is created by pianohp.com